知っておきたい葬儀費用の仕組み

よく葬儀業者の広告などで「葬儀一式100万円」といった宣伝を見かけますが、これは葬儀全体に必要な費用とは違うということをご存知でしょうか。

実は全体にかかる費用というのは、「業者が初めに提示している本体料金(業者に支払われる料金)」と「飲食接待費や会葬返礼品」、そして「寺院へのお布施」という主に3つの費用が合計されたものなのです。

なので、広告に掲載されている料金だけで予算を考えてしまうと、実際の予算が足りないということになってしまうでしょう。業者側の料金システムは、本体料金で提供されるサービス以外の飲食接待などのサービスを希望する場合は、追加料金が発生するという仕組みになっています。

葬儀の費用の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

飲食接待などのサービスは、業者が代行で手配しているだけなので、本体料金には含まれていないのです。

業者側が提示する本体料金は、主に祭壇一式のレンタル料と棺代、そして人件費をまとめた料金でしかないため、そのことを知らないと、予想以上に出費がかかったように感じる場合もあるのではないでしょうか。


なので追加料金については、あらかじめその仕組みなどをチェックしたり、業者側へ確認することが必要だと言えます。

人気のあるWeblio辞書がとても人気であることがわかります。

葬儀全体にかかる実際の費用については、全国平均だと200万円程度だと言われていますが、そのうち、業者へ支払う料金は100万~120万円程度だと言われています。
つまり葬儀全体にかかる費用は、業者に支払われる料金(業者が広告などで宣伝している料金)の倍近くになると考えておいたほうがよいということです。